こむら返り グレープフルーツ 予防

こむら返りの予防にはグレープフルーツが効果的

こむら返りは、足がつるとも言いますが、足の筋肉が痙攣することで、痛みなどを伴う症状を指します。
ふくらはぎや太もも、足の裏などが多いですが、筋肉のある部位であればどの部位でも起こる可能性があります。
こむら返りが起こる原因にはいくつかありますが、疲労や炎症、ミネラル不足などが挙げられます。
こむら返りが起きた時にそのままにしておくと、ちょっとしたことでも肉離れを起こしてしまう可能性もあります。
こむら返りが起こった場合には、無理にほぐそうとすると、激痛を感じることもありますので、痛みが軽減されてから氷で冷やす、湿布を貼るなど患部を冷やすようにしましょう。
こむら返りが起こりやすいふくらはぎは、第二の心臓とも言われるため、下半身の血液を心臓へと戻すポンプの役割を持っているほど重要な部位です。
この作用が上手くいかないと、こむら返りだけではなく、痙攣やむくみなどの症状が見られることもあります。
こむら返りの予防法としては、足を軽く温める、マッサージをするなどがあります。

スポンサーリンク

手軽にこむら返りを予防する方法として、グレープフルーツを積極的に食べるようにするという事があります。
筋肉疲労や水分不足、ビタミン・ミネラルが不足しているような状態では、足がつりやすくなってしまいます。
特に毎日の生活で食生活が乱れているという場合には、グレープフルーツなどのフルーツを積極的に摂取することが、予防に繋がります。
ただし、グレープフルーツはそのままでは酸味が強く、味が苦手という人も多いようです。
そこで、グレープフルーツの味が苦手という場合には、グレープフルーツジュースにして飲んだり、はちみつを加えると良いでしょう。
グレープフルーツを食べてすぐに予防効果を得ることが出来るわけではありません。
予防効果を得るためには、定期的にグレープフルーツを摂取するようにしましょう。
予防をしていても、足がつるということを完全に予防することは出来ません。
そのため、足がつった場合には、つった部分の筋肉をゆっくりと伸ばすようにすると良いでしょう。