妊婦 腓返り 原因 対処

妊婦に腓返りが起こる原因や対処について

妊婦は妊娠中期から後期にかけて、就寝中などに腓返りが起こることが多いです。
これは、足がつりやすくなる状態のことです。
妊婦に腓返りが起こる原因の1つにい体重の増加が挙げられます。
妊婦のお腹が大きくなると体重が増えて足への負担が増すことで筋肉に疲労が溜まるので、鼠蹊部の血管が圧迫されることで血液の循環が悪くなります。
このような血行障害が、妊婦の腓返りの原因となります。
妊婦に腓返りが起こる他の原因としては、ミネラル不足が挙げられます。
重要なのはマグネシウムとカルシウムです。
マグネシウムには、筋肉の動きを調整するという働きがあります。
カルシウムには、神経伝達を助けるという働きがあります。
胎児へ栄養を送るために妊婦の栄養は不足傾向にありますが、特にこの2つのミネラルのバランスが崩れることが腓返りの原因となります。
対処方法は、サバやイワシなどの魚や昆布やワカメやひじきといった海藻類を意識的に摂取することです。

スポンサーリンク

冷えることは、足に腓返りが起こる原因だと考えられています。
対処方法として、妊婦は足が露出する服装を避けて足や下半身を冷やさないことが大切です。
他の原因としては、骨盤の歪みが挙げられます。
成長した退治に骨盤が内側から押し広げられることで骨盤が緩むので、足の筋肉が引き伸ばされた状態が続いてふくらはぎの筋肉が元に戻るために急激な収縮を起こすからです。
以上のように直接的な原因としては血行障害が挙げられ、間接的にはミネラル不足や冷えや筋肉疲労などが関係しています。
腓返りが起こっているのは腓腹筋が収縮しているということなので、対処としては反対に伸ばすことが必要です。
夜の場合は、夫を起こして足の裏からつま先を押すように伸ばすという対処をしてもらうのが非常に良いです。
支えてくれる人がいない場合は壁に足の裏をくっつけて上半身を起こすように伸ばすなどの対処方法があります。
いつ腓返りが起こっても対処できるように、時間があるときに足の伸ばし方を練習すると良いです。
また、腓返りに対処するために就寝前にコップ一杯の水を飲むことも有効ですが、水分の摂り過ぎは逆効果になるので気を付ける必要があります。