こむら返り 筋肉痛 妊婦

妊婦はこむら返りや筋肉痛に注意が必要です

こむら返りや筋肉痛が妊婦に起こりやすいといわれています。
その理由はお腹の赤ちゃんの成長と大きな関係があります。
特に妊娠の中期ごろからは体重が増えることで筋肉に大きな負担がかかります。
特に下半身には妊娠前に比べて負荷がかかって血流も悪くなります。
そのことでこむら返りや筋肉痛になりやすい状態になってしまいます。
それを防ぐためには下半身を効果的に温める必要があります。
そのためにはしっかりとお風呂に入って湯船で温まることが大切です。
そして体温の低下を防ぐために寝る前にしっかりとマッサージをすることが必要です。
妊婦はただでさえこむら返りや筋肉痛になる可能性が高くなっています。
そのまま放置していると特にこむら返りが起こりやすい状態になります。
妊婦になったらまずはしっかりとマッサージをして筋肉痛などを予防することが大切になってきます。
そして冷えないように足元を温めて寝る必要があります。
妊婦にとって冷えは大敵です。

スポンサーリンク

妊婦がこむら返りや筋肉痛になってしまうもう一つの原因としては栄養のバランスが崩れている事が原因になっている場合もあります。
特に赤ちゃんがお腹にいる時期にはカルシウムやミネラルは豊富に摂取しておくことが必要です。
効果的に栄養補給をすることでこむら返りや筋肉痛になることを防ぐことも出来ます。
妊婦には特にミネラル分が重要です。
ミネラル分を非常に多く含んでいる海藻類などを摂ることで効果的にこむら返りや筋肉痛になることの予防になります。
しかし、しっかりと栄養をとって温めていても頻繁にこむら返りや筋肉痛が続いてしまうような場合には病院で診察を受けることも大切になってきます。
妊婦はちょっとしたことで体調を崩してしまう可能性もあるので自己判断はせずにおかしいと思ったら早めに医師の診察を受けることが重要です。
基本的に妊婦のときには胎児のことも考えてしっかりと栄養を取って冷えないように心がけておくことが何よりも大切です。