こむらがえりの原因と糖尿病の関係について

こむらがえりの原因と糖尿病の関係について

スポンサーリンク

 

こむらがえりには様々な原因があると言われています。
そのため、どのような状況、どのような生活の中でなってしまうのか、その答えを正しく知っておくことは大切なことです。
ぜひ、その要因を把握してください。

 

 

【こむらがえりに潜む病】

 

一般的には足がつるなどと表現されるこむらがえりです。
疲れがたまったとき、急に筋肉を動かしてしまったときなどにつるケースが多いです。
そして、指がつった際には間接とは反対側に曲げておくことで症状が改善され、しばらくすると痛みもなくなります。
このようなよくあるこむらがえりであれば問題ないのですが、じつはその裏側には別の何かが潜んでいるケースもありますので、その点も覚えておきましょう。

 

 

【糖尿病が原因であるケース】

 

運動をしたあとなどであればこむらがえりが起こっても自分で納得ができるでしょうが、そのような行動をとっていないような場合には納得できないはずです。
特に原因が思い浮かばないのにこむらがえりになる、もしくは頻繁になるということであれば、ほかの原因を考えてみましょう。
じつはその裏には病が潜んでいる可能性があるのです。
さらに、その病が糖尿病ということもありますので注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【糖尿病が神経に異常信号を送る】

 

糖尿病になっていると血糖値が高い状況が続きます。
これによって末梢神経におかしな信号が伝わってしまうことがあります。
指先などにある末梢神経に刺激が伝わってしまい、筋肉がそれに反応して収縮を起こしてしまうことがあるのです。
つまり、ただのこむらがえりではなく、糖尿病を原因としたものとなるのです。

 

 

【頻繁に続くようであれば受診を】

 

こむらがえりは人間なら誰もが経験すると言っても過言ではないほどありふれた症状です。
だからこそ、そのサインを見逃してしまう人もいますが、頻繁につるような場合には医療機関を受診することを考えておきましょう。
そのサインのおかげで早期に糖尿病に気づけるということもありますので、注意しておきましょう。

 

 

頻繁にこむらがえりが続く場合、ほかにも原因がある可能性があるのです。
そして、その原因が糖尿病の可能性もあるのです。
そのため、まずはその事実を覚えておきたいものです。

 

スポンサーリンク