足がつるのは腎臓の病気が原因?

足がつるのは腎臓の病気が原因?

スポンサーリンク

 

足がつることに悩まされている方がいます。
それは腎臓の病気が原因となっている可能性があります。
さまざまな原因によって足がつってしまいます。
腎臓の病気と足がつってしまう症状との関係性について詳しく説明しましょう。

 

 

【足がつる原因と腎臓の病気】

 

まず足がつるとはどのような状態のことでしょうか。
これは筋肉が痙攣してしまっていることです。
自分の意思ではコントロールできなくなっている状態のことです。
強烈な痛みを伴うのが特徴であり、特に睡眠中に起きやすいとされています。

 

 

そんな足がつる原因としていろいろなものが考えられます。
たとえば糖尿病の結果として足がつることはよく知られています。
生活習慣病である糖尿病になってしまうとインスリンが不足してしまい、きちんとブドウ糖を運べなくなります。
これが原因となってさまざまな機能がきちんと働かなくなり、神経系にも影響が出て足がつるのです。

 

 

他にもさまざまな原因があるのですが。
その中の一つとして腎臓の病気が原因となっていることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【腎臓の病気と筋力の関係】

 

そもそも腎臓というのは老廃物を体外に排出する役割を果たしています。
こちらで尿が作られることによって、体内のイオンバランスを調整しています。
このイオンバランスが崩れることによって足がつるという症状が出てしまいます。
筋肉というのはイオンバランスと深く関係しています。
カリウムイオンとナトリウムイオンの働きによって筋肉は動いているのです。
腎臓病になるとイオンバランスが崩れるため、上手く筋肉組織をコントロールできなくなり、それによって足がつるのです。

 

 

【予防するには】

 

それでは腎臓病を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。
これは食生活に深く関わる病気です。
そのため規則正しい食生活を心がけましょう。
暴飲暴食をしないことはとても重要です。

 

 

体内のイオンバランスを調節している腎臓の病気になってしまうと筋肉の働きがおかしくなってしまい、それが足がつるという症状の原因となります。
普段の食生活を改善することによって、病気になってしまうのを防げるでしょう。

 

スポンサーリンク