足がつる際のテーピングの巻き方について

足がつる際のテーピングの巻き方について

スポンサーリンク

 

足がつるときにはテーピングを巻くことによって対処できます。
それではどのように巻けば良いのでしょうか。
あまりテーピングをしたことがないという方も多いでしょう。
そのような方のために足がつるときの対処としてテープの巻き方を紹介しましょう。

 

 

【足がつるときはテーピングをする】

 

さまざまな場面で足がつってしまうことがあります。
これにはいろいろな理由が関係しています。
その中でも多いのは筋肉の疲労でしょう。
激しい運動をしたあとはもちろんのこと、普段の生活の中でも疲れが蓄積していって足がつるという症状が出てしまうことがあります。
他にも血行不良になっていたり、ミネラルのバランスがおかしくなっているときに足がつることがあるでしょう。
汗をたくさんかいて脱水症状を起こしたら、ミネラルがどんどん出て行ってしまうため足がつります。

 

スポンサーリンク

 

【足がつる時の対処方法】

 

もし足がつる場合にはストレッチをすると良いでしょう。
マッサージをすることによって、筋肉の収縮を抑えることができます。
さらにテーピングを巻くという対処方法があります。
これによってとても楽になるでしょう。
また、事前にテーピングをすることによって、予防をすることもできるのです。

 

 

巻き方としては、まず1本目は足首を直角にしてからかかとの下から膝の裏の方へ向けて貼りましょう。
次に2本目はかかとの下から1本目のテープと重なるようにして膝の内側に向かって貼ってください。
そして、3本目はこれら2本のテープと重なるように貼りましょう。

 

 

別の巻き方もあります。
まずテープをかかとにとめて、もう一方を上に引張り、ふくらはぎの下の部分で両端を割いてから膝の横にまで引っ張って貼りましょう。
2本目はテープを足の裏からスタートさせて、足の甲の法を通してふくらはぎの方に巻きます。
そして、3本目は2本目とクロスさせるようにして巻きます。

 

 

このようにいろいろな巻き方が存在しています。
やりやすい巻き方を採用しましょう。

 

 

足がつるときにはテーピングをしましょう。
その巻き方にはいろいろな方法があります。
どの巻き方であっても、正しい方法によってテーピングしているならば、足がつってしまうのを避けることができるでしょう。

 

スポンサーリンク