足の裏の土踏まずがつる原因と対処の仕方について

足の裏の土踏まずがつる原因と対処の仕方について

スポンサーリンク

 

足の裏には土踏まずがあります。
この部分がつるという症状が出てしまうことがあります。
どうしてこのようなことが起きるのか原因について説明しましょう。
また、具体的な対処方法についても紹介しましょう。

 

 

【足の裏の土踏まずがつる原因とは】

 

もし足の裏にある土踏まずがつるならば、それにはどのような原因が考えられるのでしょうか。
足がつるといえばふくらはぎをイメージする方が多いでしょう。
そちらと同様に足の裏の土踏まずがつることも珍しいことではありません。
どちらも原因は共通しています。
それは筋肉が異常に収縮しており、痙攣しているために痛みが生じてしまうのです。
同じ原因で足がつるのです。

 

 

たとえば筋肉が疲労しているためにつってしまうことがあります。
疲労がたまると上手く神経と筋肉が連携できなくなり、それによってつってしまうのです。
また、血行不良によって引き起こされてしまう可能性もあります。
血の巡りが悪くなってしまうと、なかなか足の裏の方にまで血液が巡らなくなるのです。
これによって栄養が不足してしまい筋肉が収縮してしまいます。
他にもさまざまな原因があります。

 

スポンサーリンク

 

【足の裏の土踏まずがつる場合の対処方法】

 

もし足の裏の土踏まずがつってしまったならば、対処としてはマッサージをしてみると良いでしょう。
また、血行を促進させることも大切です。
また、基本的には安静にしておき筋肉の収縮が収まるのを待つべきでしょう。

 

 

それでは普段の生活で予防をするためにできる対処は何なのでしょうか。
まず栄養のバランスの取れた食事を心がけましょう。
ミネラル不足が原因となっている可能性があるからです。
疲れがたまるとつりやすくなってしまうため、適度に休息をとりましょう。
夜はしっかりと休むことが大切です。
温めるようにするという対処もあります。
特に足の裏は冷えやすいため、冷やさないようにするという対処は有効です。
靴はちょうど良いサイズのものを選びましょう。
このような対処方法があります。

 

 

足の裏の土踏まずがつるという症状が起きてしまうことがあります。
この原因は筋肉が収縮してしまうからです。
マッサージをして筋肉をほぐしましょう。
普段からできる対処としては、食生活に気をつけたり、きちんと疲れを取ることが大切です。

 

スポンサーリンク