高齢者の足がつる原因と予防方法について

高齢者の足がつる原因と予防方法について

スポンサーリンク

 

高齢者でも足がつるという症状が出ることはあります。
それでは何か特別な原因があるのでしょうか。
また、予防をするための方法は何かないのでしょうか。
足がつるというのはとてもつらいものです。
それを防ぐための方法を教えましょう。

 

 

【高齢者の足がつってしまう原因とは】

 

足がつってしまうことは高齢者にも当然起きる症状です。
むしろ高齢者になるほどこちらの症状が起きやすくなるといえるでしょう。
高齢で足がつるという症状に悩まされている方はたくさんいます。
そもそも、足がつる原因というのは筋肉が関係しています。
筋肉が上手く機能しなくなってしまい、収縮してしまうために痛みが生じてしまいます。
高齢になると筋肉の持久力が衰えてしまいます。
これが原因で、夜中でも高齢者の足がつることがあるのです。

 

 

また、水分が不足してしまうことが原因となって足がつることもあります。
高齢の場合は水分不足になってしまうことが多いのです。
血流が悪くなってしまい、足がつりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

【高齢者の足がつるのを予防するには】

 

足がつるのを予防する方法としては、まず普段の食事でしっかりと栄養を摂取しましょう。
高齢の方は食事の量が減ってしまうことが多いため、必要な栄養をきちんと摂取できていないことが多いです。
特にマグネシウムやカルシウムといった栄養はきちんと摂取することによって、予防ができるでしょう。
乳製品や大豆製品を取り入れるという方法をおすすめします。

 

 

また、しっかりと水分をとることを心がけてください。
予防方法として水分不足を防ぐことはとても大切です。
たとえば寝る前にコップ1杯の水を飲んでおくという方法は予防に有効です。
これだけでも水分不足を防ぐことが可能です。

 

 

体を冷やさないようにするという予防方法も良いでしょう。
お風呂にしっかりと浸かって、体を芯から温めるようにしましょう。

 

 

高齢者の中には足がつることに悩まされている方がたくさんいます。
その原因は筋肉が衰えてしまったり、水分が不足していたり、体の冷えが原因となっていることもあります。
これらへの対策を取ることが予防方法となるでしょう。

 

スポンサーリンク