ふくらはぎの肉離れと足がつる症状の違いと見分け方

ふくらはぎの肉離れと足がつる症状の違いと見分け方

スポンサーリンク

 

よく似ている症状としてふくらはぎの肉離れと足がつるという2つの症状があります。
それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
こちらではその見分け方について紹介しましょう。
違いを知っておくことによって、適切な対処ができます。

 

 

【肉離れと足がつることの違いとは】

 

ふくらはぎでよく起きてしまう症状として肉離れと足がつるという2つがあります。
それぞれふくらはぎに痛みが生じてしまうという点では共通しています。
しかし、具体的にどのような見分け方があるのか気になる方は多いでしょう。

 

 

肉離れというのは筋肉の繊維にダメージが蓄積してしまい、そのために傷ついてしまった状態のことです。
一方、足がつるというのは筋肉を上手くコントロールできなくなってしまった状態であり、筋肉に傷がついていないという違いがあります。

 

 

肉離れでは筋肉の繊維が切れてしまうという点が特徴であり、足がつるのは繊維そのものはきちんと維持されているという点が違います。
そのため、足がつる症状が出たとしても、すぐに回復して、足には特に問題がないというケースが多いです。

 

スポンサーリンク

 

【ふくらはぎの肉離れと足がつることの見分け方】

 

ふくらはぎの肉離れと足がつることの違いを知ったとしても、見分け方についてはまた別の話となります。
見分け方としては、痛みの持続時間が異なります。
足がつるのはすぐに痛みがなくなることが多いのですが、肉離れというのは痛みがずっと続くという違いがあります。
この見分け方で両者を区別することができるでしょう。
治療法としては、足がつってしまった場合は自然に治ることが多いのですが、筋肉の繊維が切れてしまった場合はきちんと治療をしなければいけません。

 

 

ふくらはぎの肉離れというのは筋肉の繊維が切れてしまった状態のことであり、ふくらはぎの足がつってしまうのは筋肉や神経に異常が生じてきちんとコントロールできなくなってしまった状態のことです。
見分け方としては、足がつってしまうのはすぐに治るという点で判断できるでしょう。

 

スポンサーリンク