足がつる原因とマグネシウムや亜鉛の関係

足がつる原因とマグネシウムや亜鉛の関係

スポンサーリンク

 

足がつるのは誰にでも経験のあることでしょう。
こちらには当然原因が存在しています。
それにはマグネシウムや亜鉛といったものが関係しています。
これらの栄養素と足がつることには果たしてどのような関係があるのか説明しましょう。

 

 

【足がつる原因とは】

 

足がつることは誰にでも起きてしまうことですが、これにはさまざまな原因があります。
その中でも栄養の問題は大きいです。
筋肉が正常に機能するためには栄養が必要となります。
特にミネラルとビタミンは不足しやすいため、これによって筋肉に異常が生じてしまい、それが原因となって足がつることがあるのです。

 

 

筋肉運動をしているとどんどん栄養を消費してしまいます。
また、たくさん汗をかくことによっても体内からどんどんミネラルが流出してしまうでしょう。
これによって、特にミネラル分が不足してしまうことが多いのです。
筋肉を動かすためにはミネラル分が必要となります。
これが不足することが原因となって、足がつるのです。

 

スポンサーリンク

 

【マグネシウムや亜鉛の重要性】

 

筋肉を動かすためにはさまざまなミネラルが関わっており、その中にはマグネシウムや亜鉛も含まれています。
そのため、これらの栄養素はきちんと摂取しておかなければいけません。
食生活が乱れている方は、それが原因となってマグネシウムや亜鉛が不足してしまい、足がつってしまうことがあるのです。
もちろん、マグネシウムや亜鉛だけではなくて、カルシウムやナトリウムなども含めてミネラル全般がとても大事です。
その中でもマグネシウムと亜鉛は不足しやすいため、足がつる原因となる可能性が高いでしょう。

 

 

【マグネシウムや亜鉛の摂取方法】

 

マグネシウムを効果的に摂取したいならば、ナッツ類や大豆類、藻類などをおすすめします。
魚介類にも多く含まれています。
亜鉛が多く含まれている食材としては、牡蠣やうなぎ、牛肉、レバー、チーズといったものです。
これら以外の栄養素とのバランスも考えながら食事を取りましょう。

 

 

足がつる原因の一つとしてミネラル不足があります。
食生活が乱れている方はミネラルが不足してしまいやすいのです。
ナッツ類や大豆類などからマグネシウムを、さらにレバーや牛肉、牡蠣などから亜鉛をきちんと摂取しておきましょう。

 

スポンサーリンク