こむら返り 原因 肝臓

こむら返りの原因の1つである肝臓について

こむら返りにが起こることには様々な原因が考えられますが、疲労や筋肉の酷使によって神経や筋肉の動きを調整する機能が乱れることが大きな原因だといわれています。
また、肝臓が悪いことが原因で足の筋肉がつって、こむら返りが起こることもあります。
ミネラルやビタミンの不足、水分バランスの異常が原因として考えられます。
筋肉を動かすためには血液が必要不可欠なのでこむら返りの原因が血液にあるとすれば、血液を浄化することで循環させる肝臓の働きに問題があることになります。
肝臓は消化液である胆汁を作るなど解毒をつかさどっていて、身体の機能を正常に動かします。
しかし、アルコールや栄養の過剰摂取といった日常の食生活が原因で病気になる場合があり、こむら返りなどの症状が出やすいことがあります。
他にも肝臓が悪くなると、疲れがなかなか取れないとか手足がむくむなどの症状が起こります。
肝臓の病気の中でも、肝硬変がこむら返りが起こる原因となることがあります。

スポンサーリンク

こむら返りを防ぐためには、肝臓に良い食生活を心掛けることが大切です。
1日3食栄養のバランスがとれた食事をとる必要があります。
しかし、早食いをすると栄養が体内に急にたくさん取り込まれて血糖値が上昇するので控えた方が良いです。
また、ひどいストレスを感じると、ホルモンが分泌されて血管が収縮されるので血圧が上昇します。
睡眠不足も良くないので、ストレス発散や十分な睡眠が大切です。
また、過度なダイエットで魚や肉といったタンパク質が不足すると脂肪だけが肝臓に蓄積されてしまいます。
そして運動不足になると肝機能が低下するので、ウォーキングなど適度な有酸素運動を取り入れることが大切です。
また、薬の過剰摂取を行うと肝臓が有害物質だと判断して、解毒のための機能が働いて肝機能障害が起こる場合があるので薬の用量を守らなければいけません。
こむら返りなどの症状が出た場合には肝臓の病気が隠れているかもしれないので、症状に気付いた段階で病院を受診することが大切です。