足がつる原因として栄養素の何不足か

足がつる原因として栄養素の何不足か

スポンサーリンク

 

足がつることにはいろいろな原因が関係しています。
その一つとして栄養素の不足が関係していることがあります。
それでは具体的にどのような栄養素が不足しているのでしょうか。
何不足が原因となっているのかを説明しましょう。

 

 

【足がつる原因は何不足?】

 

足がつるのは実は栄養素の不足が原因となっていることが少なくありません。
それでは栄養素の何不足が起きてしまうと足がつるのでしょう。
それはミネラルです。
何不足なのかに簡単に答えるとミネラルが不足しているために足がつるのです。

 

 

たとえばマグネシウムという栄養素があります。
こちらは神経の緊張を解くために必要なものです。
足がつるというのは筋肉が異常に収縮している状態のことです。
これを改善するためにはマグネシウムが必要となるでしょう。

 

 

その他にも何不足によって足がつるかといえば、ナトリウムやカルシウム、カリウムなどさまざまな栄養素が関わっています。
何不足が問題となるのかきちんと知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【予防するためには】

 

それでは足がつる原因となる栄養素の不足が起きないように予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。
基本的には毎日の食生活を改善することが大切です。
さまざまな食材をバランスよく食べるようにしましょう。

 

 

たとえばマグネシウムの場合は大豆製品に豊富に含まれています。
カルシウムは乳製品に多く含まれています。
あるいは小魚も良いでしょう。
カリウムは海藻類や大豆類などに豊富です。
その他にも野菜や果物、魚介類を毎日いろいろな種類食べるようにしましょう。
特定の栄養素を偏って摂取するのは体に悪い影響を与えるため注意してください。
できるだけいろいろな栄養を摂取するべきです。

 

 

足がつるのは何不足が原因かといえば、マグネシウムやカルシウムといったミネラルの不足が一番の原因となっています。
これらの栄養素を毎日の食事の中でしっかりと摂取できるようにしましょう。
そのような食生活が理想となります。

 

スポンサーリンク