こむら返り 土踏まず 原因

土踏まずにこむら返りが起こる原因などについて

スポーツや慣れない運動で筋肉疲労を起こすことが原因で筋肉と神経を連携させることができなくて、土踏まずの筋肉が痙攣して激痛を生じるこむら返りが起こることがあります。
また、カリウムやマグネシウムやナトリウムやカルシウムといった電解質は、筋肉の働きを整えます。
外食やコンビニ弁当などで栄養バランスが偏ったり汗をかいたりすることが原因で、電解質のバランスが保てなくなって筋肉が正常に機能しなくなります。
こうなると、土踏まずにこむら返りが起こりやすくなります。
他には、水分不足で血行不良が起こることが原因で、電解質のバランスが保てなくなったり筋肉に栄養がうまく行き届かなかったりします。
その結果、土踏まずにこむら返りが起こります。
また、40代以上の人が喫煙や飲酒を行うと、下肢静脈瘤や肝臓病や糖尿病や動脈硬化といった病気が原因で土踏まずにこむら返りが起こることがあります。
さらに、体の歪みが原因で足に血行不良が起こって土踏まずにこむら返りが起こりやすくなります。

スポンサーリンク

土踏まずにこむら返りが起こる原因として、筋肉疲労も考えられます。
立ち仕事が長時間続くとか激しい運動をやりすぎることで筋肉の疲労が起こります。
足の裏は歩くときに地面に接触するので、足にかかる衝撃を緩和するクッションとしての役目があります。
よって、足の裏は弾力性に富んだ筋肉組織です。
足の裏は重力によって落ちてきた血液を心臓に送り返すというポンプ機能も備えているので、第2の心臓とも言われています。
また、加齢や月経前後や妊娠中などでホルモンバランスが崩れることも土踏まずにこむら返りが起こる原因となります。
ホルモンバランスが崩れると、それ以外でも様々な症状を引き起こす場合があります。
家で過ごしているときや寝ているときに土踏まずにこむら返りが起こった場合は、軽くストレッチをすると痛みを緩和することができます。
ただし、スポーツ直後に土踏まずのこむら返りが起こった場合は、ストレッチによって骨折や捻挫や脱臼が起こる場合があるのでストレッチをしない方が良いです。
また、痛みや腫れを伴う場合は腱や筋肉に損傷が起こっている場合があるので、直ちに病院を受診することが大切です。