こむら返り 原因 アルコール

アルコールなどが原因であるこむら返りの対処について

こむら返りとはふくらはぎに起こる筋痙攣のことで水分不足や筋肉疲労と、カルシウムやマグネシウムやカリウムといったミネラル不足が原因だと考えられています。
また、こむら返りの原因の一つにアルコールが挙げられます。
脱水症状に陥ることが、こむら返りの原因になります。
アルコールがこむら返りの原因となるのは、飲酒をすると利尿作用が働いて血液中の水分が減ることです。
ビールといったアルコールは、たくさん飲むほど水分が消費されます。
アルコールの摂取によって、こむら返りの原因とされているミネラル不足と水分不足が同時に起こります。
アルコールによるこむら返りはお酒を飲まないことで防ぐことができますが、それができない場合は水を多く飲んだ方が良いです。
利尿作用で体内から塩分が過剰に排出されるので、水の代わりにスポーツドリンクを飲むのも効果的です。
アルコールは体内の水分を奪うことに加えて、他の栄養素も体外へ排出します。
過剰な飲酒は様々な病気を引き起こすので、飲みすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

アルコールでこむら返りが起こる原因は、水分不足以外に血流が悪くなるということが挙げられます。
熱燗といった温かいお酒では血流に悪影響を与えませんが、キンキンに冷えたビールをたくさん飲むと血流が悪くなります。
血流の悪化を防ぐために、冷えたビールなどを飲む場合は合間に白湯を飲むと良いです。
他に、こむら返りが起こる原因としてはビタミン不足があります。
サプリメントでビタミンやミネラルを摂取したり、果物や野菜をたくさん食べたりすることで予防できます。
また、夜寝る前に軽い運動をすることで足の血流が良くなるので、睡眠中などに急にこむら返りを起こすことを防ぐことができます。
脱水症状にも気を付ける必要があるので、夜中にふと目が覚めて喉が渇くことに備えてベッドの近くにペットボトルの水を置いておくことも良いです。
このような対策を講じても改善されなければ、病院を受診する必要があります。
何か大きな病気が隠れている場合もあります。
例えば、脳腫瘍や糖尿病などがあります。
専門の病院で精密検査を受けることで、詳しいことが分かります。